40代アイメイクは○○が肝心!コツを押さえて-7歳

40代アイメイク若い頃と一緒のままになってない?

40代アイメイクの方法
40代アイメイク…20代の時と一緒になってない?

 

こんにちは、fumiです。

30半ばを過ぎて、ふと気づくこと。

「あれ?私、なんか変わってきたかも??」

 

そう、

怖いんですアラフォーって。
31、32くらいまでは、
服だってメイクだって
そんなに年齢を気にしなくても何とかなっていました。

 

「今の30代って、みんな若いしね!」

とか言っちゃって。

 

ところが!
そこから1つ2つと歳を重ねてきて、
ふと気付く違和感。

 

当たり前のように着ていた服が
当然のようにしていたメイクが
似合わなくなっている!

それが40代の落とし穴。

 

落とし穴というよりブラックホール。
すんごい重力で加齢ワールドへ
引きこまれていきます。

 

そうして学ぶのは、
「20代と同じメイク方法じゃダメだ!」

という当たり前のこと。

 

あなたは20代の頃と同じ
アイメイクで満足してませんか?

 

メイクの仕方や色を少し変えるだけで
印象は驚くほど変わるんです。

 

ふと自分のメイク方法に
違和感を感じたら
次のステップへとうつるお年頃ですよ!

 

ぜひこの40代アイメイクの仕方
参考にしてくださいね。

40代アイメイク方法・・・の前に

40代アイメイクを覚える前に
まずはベースメイク方法のおさらい。

 

「若い頃からファンデはずっとこの色。
いいよね!日焼けしている訳じゃないし
むしろ若い頃より日焼けに気をつけているし!」

 

なんて、20代の頃と
(下手したらメイクを憶えたての10代の頃と)
同じ色を使っていませんか?

 

そりゃあね。確かに
日焼けはしてないかもしれません
日焼けにも気をつけているかもしれません。

 

でもお肌の色は加齢で変わるんです!
これを黄ぐすみ、もしくは
肌の糖化というんですが

40代アイメイク アイシャドウ
段々と肌が黄色くシワだらけに…

 

悔しいけど悲しいけど
この事実・真実・現実に目を向けて
ファンデの色を見直しましょう!!

 

その際に気をつけたいのが
「白さばかりを追求すると不自然」

ということ。

 

たまに・・・というか
結構多くいますよね
顔だけ色の違うおばさま。

 

そう!

日焼けに気をつけていても
意外と首や手の甲は
日焼けしていたりするんです。

 

首や手と顔の色が
あまりにも違いすぎると
おばさんっぷりがスピードアップ!

 

“おばちゃんメイク”の落とし穴に
はまらないためにも

 

白さばかりを追求した
ファンデ選びからは卒業して、
落ち着いた色みを選びましょう。

 

詳しいベースメイク方法については
こちらに書いているので参考にしてください。

⇒若く見えるメイクとは?若見えメイクで透明感を取り戻そう!

40代アイメイクの仕方で見た目が大きく変化する

実際に30代から50代にかけて
目もとの印象が見た目年齢に
大きく影響します。

 

30代でははっきりしていた目もとが
40代では小じわが目立つようになり
色素沈着も進行。

ぼんやりした印象に。

 

50代では目もとのたるみがひどくなり

目が一回り小さくなって、
目力が低下・・・。

 

目もとは皮膚が薄いので
加齢による乾燥やターンオーバーの
停滞の影響などがもっとも
現れやすい部分の一つですからね。

 

詳しいアンチエイジング方法については
メルマガを読んでもらうとして
特に35歳からは目元の変化が
急速に進むので要注意です。

 

これまでのアイメイクの色が
似合わなくなるのもこの頃から。

 

  • アイメイクがヨレやすくなってきた
  • アイラインが引きにくくなってきた

と感じたことがあるなら、
目元が変化してきている可能性大です。

 

ここで40代アイメイクの仕方を
覚えて帰りましょう。

40代アイメイクは色よりパール

まぶたのくぼみを隠そうと
濃いブラウンや寒色系
アイシャドウを広げると

 

さらに影ができて、余計に
くぼんで見えてしまう結果に。

 

若かりし頃はアイシャドウを塗っても
お肌はつやつやでしたが
あれはお肌のハリだとか滑らかさだとか
若さがもたらす至高の輝きだった訳です。

 

さて。

では、若い頃は天然に
生み出されていたものを失った今
それを取り戻すにはどうするべきか?

 

金にものを言わせるしかないでしょう!

 

というのは大げさですが(笑)
失ったなら買ってでも足せばいいのです。

 

購入するべきはハイライト。

  • 選ぶのは、なるべくパールが細かくて上品なものを。
  • 色は白よりもベージュ寄りのものが良いでしょう。
40代アイメイク プチプラ
プチプラ(安い)ものでもOK♥

 

40代アイメイクのポイントは色ではなくパールの艶!

暖色系の色、特にほんのり
パールがかったオレンジピンクがおすすめです。

 

そうすることで肌に自然になじみながら
痩せたまぶたをふっくらと
カモフラージュ出来ちゃいます!

 

今回は、淡いアイシャドウとして
ピンク、引き締め色としてブラウン
使ってみましょう。

40代アイメイクの仕方で失ったハリを取り戻す!

40代アイメイク方法

①淡いアイシャドウをアイホール全体に広げる

まずはピンクをアイホール全体に広げます。

つける際に、チップではなく
ブラシor指でひろげると薄付きで綺麗につきます。

40代アイメイクの仕方
アイホール全体に艶を出してハリを作る

 

指でくぼんでいる部分を中心になぞり
(まぶたの中央付近)

 

まぶた全体を均等に
馴染むように付ける
くぼみが目立たなく成りますよ。

ブラウンシャドウで線をひきます。

目を開けて
「ここにアイラインが欲しい!」

というラインに引くのがコツです。

 

一重や奥二重さんの場合、

アイカラーが目を開けた時に
見えなくなってしまうと
シャドウの意味がなくなってしまうので

 

目を開けて二重の線を作る様に
ブラウンのアイシャドウで
一度印をつけておきます。

目の際から印をつけた部分までシャドウを豪快にのせていきます。

シャドウをのせたら
「上の境目だけ」を綿棒を使って
ぼかしていきます。

40代アイメイク 綿棒
上を馴染ませることで自然に目力up!

 

そうすると見事なまでに
自然なアイメイクに仕上がりますよ!

④下まぶたの際にもピンクパールのアイシャドウを乗せて。

下まぶたにはパールホワイトをのせろ
と若い子が読むような雑誌には書いるのですが

正直微妙です(^^;

 

我々の年代になると
肌のムラと色が混ざって
パールホワイトだと色が
グレーに濁ってしまい

 

逆に顔色が悪くなりますので
注意してくださいね。

 

パール粒が大きくキラキラ
輝いている白いハイライトだと
ややもすればギャルになりかねません。

 

20代の娘っ子とは違う
“品のある美しさ”を演出するためにも
ギャルにはならないように気をつけましょう。

 

ちなみにこの時
同じ色のハイライトを

 

左右の目尻のCゾーンとTゾーン
それにアゴの先にブラシで
ささっと入れると顔全体にハリが出て見えます。

40代アイメイク 色
目力だけでなく肌のハリも作り出すべし!

 

Cゾーンが明るいと
頬が持ち上がって見えるし
Tゾーンにハイライトを入れると
彫りが深く見えます。

 

ハイライトは艶をプラスするだけでなく
美人度をワンランク上に
引き上げてくれるので、
ぜひ憶えて試してくださいね。

⑤アイラインを筆を寝かせて塗り重ねしましょう。

下がったまぶたでも書きやすいよう
アイラインを筆を寝かせて
塗り重ねていきます。

 

これで華やかな目元が
半分出来上がりました!

 

女性に多いお悩みだと思うのですが

  • 目の下に大きなクマが出来ている

これを俗に金壺眼とも言いますが

 

ダイエットには成功したけど
「何故か目が落ち窪んで」きた。。。
と、言う時にも

 

このピンクアイシャドウで
アイメイクすれば
「綺麗にカバーする事が出来る」ので

 

是非オールマイティに使える
大人のアイメイクに
挑戦してみてくださいね。

40代アイメイクこそマスカラではなくつけまつげ

後ですね余談ですが
年齢を重ねることで弱くなってきた
我々40代の目力にこそ
つけまつ毛はおすすめです。

 

つけまつげが若い子だけのもの
だなんてとんでもない!!

40代アイメイク 付け睫
使うことで自然とまぶたのたるみが解消できる

 

目を大きくみせようと
マスカラを必死に塗る人がいますが
これが「若作り」にみえてしまう落とし穴。

 

つけまつ毛をつけることで
落ちてきたまぶたが上がり
逆に自然な仕上がりになります。

 

まぶたが垂れて目力が弱まる
我々の年代にそ必需品になってくるので
是非試してくださいね!

40代アイメイク(まとめ)

①30代から50代にかけて目もとの印象が見た目年齢に大きく影響する。30代でははっきりしていた目もとが40代では小じわが目立つようになり、色素沈着も進行。ぼんやりした印象に。

②アイメイクの色が似合わなくなるのも30代半ばから。アイメイクがヨレやすくなってきた、アイラインが引きにくくなってきたと感じたことがあるなら、目元が変化してきている可能性大。

③40代アイメイクで、まぶたのくぼみを隠そうと濃いブラウンや寒色系のアイシャドウを広げると、さらに影ができて、余計にくぼんで見えてしまう結果に。

④40代アイメイクで購入するべきは、ハイライト。選ぶのは、なるべくパールが細かくて上品なものを。

40代アイメイクのポイント色ではなくパールの艶!暖色系の色、特にほんのりパールがかったオレンジやピンクがおすすめ。そうすることで肌に自然になじみながら痩せたまぶたをふっくらとカモフラージュすることが出来る。

あなたは気付いていますか?

95%以上の人が知らずに逆効果のアンチエイジングをしている現実・・・

気持ちだけは20代の頃と変わってないのに
刻一刻と顔や体はおばちゃんになっていく・・・

『でも・・・もう一度、
自信があったあの頃の自分に戻れるとしたら?』 

喫煙・金欠・アラフォーの老け顔主婦ですら
1日たった10分15歳若返った秘密の若返り法・・・
あなたは知りたくないですか?

あなたが”今より綺麗に若返って
自分史上最高の自信を手に入れる!

 

お金を掛けずに簡単に出来る上に
速効性と効果のあるものだけ
詰め込んだ141ページ若返りテキストを
今だけ50名様限定無料公開しています。

 

 

詳細こちら↓↓

金欠・喫煙・アラフォーの老け顔主婦が1日たった10分で

ほうれい線を消し15歳若返った、シミ、しわ、たるみ改善法

 

 

今すぐ受け取りたい場合こちら↓↓

アンチエイジング プレゼント

光速アンチエイジング~もう一度昔のあなたに戻れる瞬間~ 

*メールアドレス入力後、送信ボタンを押してください


こちらは私の実体験を元にした
秘匿性の高い情報になります。
そのためいつまで公開するかわかりません。

 

自分に自信を取り戻して
大切な人のために綺麗になってくださいね!

あなたのアンチエイジングを応援しています

(*´∀`*) Fumiより SSL アンチエイジングの秘密

 

TOPに戻る⇒アンチエイジングとは?若返りの極意!

↓応援のブックマーク宜しくお願いします<(_ _)>

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017