これって油焼け?顔が異常に黒ずんでいませんか?

こんにちは、fumiです。

 

頑張ってスキンケアしているのに
顔がくすんでしまっていて
落ち込むことってありませんか?

油焼け(化粧焼け)している女性
油焼けしていませんか?

 

美白化粧水を使っても
顔だけ異常にくすんで見える・・・

 

もしかしたらそれ、
油焼けかもしれませんよ!?

油焼けとは?

まず、「油焼け」とは、

太陽からの紫外線や熱などで
油が酸化してしまい、
お肌に色素沈着を
起こしてしまう状態のことを言います。

化粧焼けと呼ばれることもあります。

 

朝のスキンケアで
乳液や美容オイルを使っていたり

乳液や美容液が油焼けの原因?
乳液や美容液がだめなわけじゃない。

 

リキッドファンデーションなどに
乳液や美容オイルをブレンドして
使っている人も多いかと思います。

 

しかしこの肌に付けた油分が
昼間の紫外線に当たることで
油が酸化してしまい

 

のくすみや色素沈着
起こしてしまうことがあるんです!!

 

金属でも食品(魚の干物とか特に)でも
時間がたつと、錆びて黒ずんでいきますよね?

 

あれと同じことが顔にも起こっていて
顔だけワントーン暗い、
顔だけたくさんシミがある

 

なんて場合は、
油焼けしている可能性があります。

なぜオイル(油分)で油焼けするのか

昔ガングロなんてのが流行しましたよね?

今では日焼け派の方々は
めっきり少なくなってしまいましたが、

日焼けと油焼けの関係
サンオイルには・・・

 

あのガングロは
サンオイルを塗ることによって、
肌の黒化(サンタン)を
よりスムーズに進めているから。

 

つまりオイルなどの油分には
紫外線の効果をより増大させる
役割があるんです。

 

これはサンオイルだけでなく、
顔の皮脂や乳液、美容オイルも
同じことが言えます。

 

つまり美白や
エイジングケアのスキンケアを
頑張っているつもりでも、

 

実は紫外線の効果を増大させて
お肌を酸化させ、
サンタン・シワを増やす原因を
自ら作り出していた・・・

なんてことも!!

油焼け度をチェック!

まずはあなたが
油焼けに陥っていないかを
チェックしてみましょう。

 

・顔だけ2、3トーン暗い
・顔だけシミ・そばかすが気になる
・混合肌、オイリー肌である
・日焼け止めは使っていない
・日中外に出ることが多い

 

チェックの数が
多ければ多いほど危険ですよ!

油焼けのポイントは「オイルの純度」

油焼けは化粧焼けなんて
言われたりもするのですが、

 

昔は実際に美容クリームや
ファンデーションなどで
油焼けが起きることがありました。

 

これは使用している
オイルの純度が低く、
不純物が含まれているため、

オイルが酸化することによって起きているのです。

酸化したオイル(油焼け、化粧焼け)
目には見えないけど酸化していることも

 

オイルが酸化すると、
肌に刺激を与えます。

 

それによって
肌は活性酸素を作り出し
肌内のメラニン生成に関わる細胞を刺激します。

 

刺激された細胞が
メラニンを異常に作り出し、
それがシミとなってしまうんです。

 

油焼けは日焼けだけでなく
シミの原因にもなるので注意が必要!!

油焼けを防ぐには

油焼けを防ぐには
「純度の高い油分で蓋をする」
「日焼け止めで紫外線対策をしっかり行う」

の2つが挙げられます。

 

純度の高いオイルやクリームを
使用していれば、
まず油焼け・化粧焼けを
起こすことはありません。

 

で、そういうと

「ニベアやワセリンは油焼けする
って聞くんですけどどうなんですか?」

 

とよく言われるのでついでに
この場を借りてお答えしていくと
確かに昔はニベアもワセリンも
油の不純物が問題でした。

 

(1970年代頃)は
ニベアなどに含まれる

 

  • ミネラルオイル
  • ワセリン

 

などの鉱物油には
不純物が含まれていたんですよね。
油の精製技術が未熟だったんです。

 

で、この不純物を多く含んだ
クリーム・オイルを肌に塗って
日光や紫外線など当たると、

 

その不純物が酸化して
肌に色素沈着が起きてしまう訳です。

さっきから言う、油焼けですね。

 

なので、この情報が今でも残っていて

「ニベアやワセリンは使うと
鉱物油だから油やけする」

と言われているわけです。

 

で、、、
実際はどうなのかというと

 

現在では
石油の精製技術が進歩しているため
不純物が原因で色素沈着を
起こすことは少なくなってきました。

 

というかニベアにも含まれている
油分のワセリンは医療でも
使われているものなので

 

今ではそこいらの乳液よりも
純度が高い分、
油焼けしにくいんですけどね。

 

ただ、

それでも油焼けが怖いのであれば

プロぺト→医療用ワセリン(目にも塗れる)
サンホワイト

 

この商品名のワセリンであれば、
お肌の水分を防いでくれる上に
純度が高いので焼けはまずしませんよ。

 

1000円前後でドラッグストアに
おいていると思います。

油焼け対策。一番は紫外線を防ぐこと

ただ現在では
たくさんのスキンケア用品
コスメが氾濫しているので。

 

ひとつひとつを
チェックしていくことが
ベストなんですが

 

全ての使っているものが
純度の高いオイルかどうかを
見極めるのは大変だと思います。

 

そんなときは、

紫外線対策!

紫外線対策をきっちり
行うことによって、

 

紫外線による油焼けを
回避することができます。

 

日焼け対策をしていても
顔が油焼けしているのであれば

 

一度こちらの記事を見て

日焼けとシミの関係性・・・アナタの今後を左右する悪影響

 

自分の紫外線対策が
間違っていないかどうか
チェックしてみてくださいね。

 

以上軽めにお伝えしました。
少しづつ頑張りましょう!

油焼け(まとめ)

①頑張ってスキンケアしているのに顔がくすんでしまうなら顔が「油焼け」している可能性がある。

油焼けとは、太陽からの紫外線や熱などで油が酸化してしまい、肌に色素沈着を起こしてしまう状態のこと。

③肌に付けた油分が昼間の紫外線に当たることで油が酸化してしまい、肌のくすみや色素沈着を起こしてしまうことがある。

④油焼けは化粧焼けとも言われるが、これは使用しているオイルの純度が低く、不純物が含まれているため、オイルが酸化することによって起きるから。

⑤油焼けを防ぐには「純度の高い油分で蓋をする」「日焼け止めで紫外線対策をしっかり行う」の2つ。

⑥純度の高いオイルやクリームを使用していれば、油焼け・化粧焼けを起こすことがなくなる。

☆注目のおすすめアイテムはこちら☆

高評価アイテムまとめ

こちらは「成分解析で四つ星以上の評価が付いた高評価アイテム」をまとめています。

ロスミンリペアクリームはあの“唯一シワに効く医薬品”として有名なロスミンローヤルが出した薬用クリーム

「化粧品機能評価法ガイドライン」に基づき第3者機関で抗シワ試験を実施した乾燥による小ジワを目立たなくする効果を実証した医薬部外品として認められた薬用クリーム

「小じわ」+「シミ」「年齢肌のくすみ」が気になる人に!

潤い効果で小じわを目立たせない!『ロスミンリペアクリーム』


高濃度プラセンタ100 CORE
コラーゲンやヒアルロン酸よりも注目されているプラセンタエキスを40倍にも濃縮したサプリメント。

高濃度プラセンタ100 CORE

  • 肌の透明感が復活し、年齢より若く見られるようになった!
  • 肌のハリを感じ、鏡を見るのが楽しみになった!

との声も多数。

馬プラセンタよりも人間に近い豚プラセンタを使用していることからも体の中からの若返りが期待できます。

透明感を驚きの価格でサポート!『高濃度プラセンタトライアル』

記載の商品は成分解析済みのものなので、気になる商品があれば上記リンクから詳細を見れます。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017