当サイト経由で申し込みが多いのはこちら♪

new!!≪ホンマでっかTVにも紹介された≫厚生労働省が認めた美白有効成分配合のシミ消しクリーム

≪貼るだけでリフトアップ!?≫耳に貼るだけで小顔になったと大好評のシールが今だけの特別価格!
●≪肌の表面だけでなく奥の筋肉まで作用≫肌につけた10分後にはリフトアップ効果が実感できる美容液
≪初回500円!≫コラーゲンやヒアルロン酸より注目されている○○エキスを40倍に濃縮した美容サプリ

【肌くすみに】弱アルカリ性なのに弱酸性の肌に優しい事実とは?

くすみゼロの石鹸
肌のくすみ対策は化粧品よりも洗顔で治る?

先日いただいたメールで
こんな相談がありました。


「私は昔から顔や肌くすみ
ひどいのですが
肌は弱酸性だから、
弱アルカリ性の
石鹸を使っても
良いものか違和感を感じてしまいます。


弱酸性の洗顔フォームじゃ

なくても大丈夫なのでしょうか?
肌くすみが心配で今は
まだ洗顔フォームで洗っています」


なるほど、この辺は確かに
詳しくお話ししていませんでしたね。


なので今回は洗顔フォーム
ではなく、古くからの固形石鹸

 

肌くすみ対策としておすすめする
理由をお話ししたいとおもいます。

肌くすみの対策にまだ弱酸性の洗顔フォームを使ってる?

肌のくすみが改善されてシミのない女性
肌のくすみがない状態に!

 

これを知らないまま肌くすみに
弱酸性の洗顔フォームで

お肌を洗い続けていると、、、


ある日突然、化粧品を使うと
ヒリヒリするという事態に陥るかもしれません。

肌くすみの対策を万全にしないと・・・

どれだけ化粧品を探して
色々と試してみても
お肌に合わなくて赤くなる・・・

昔はこんなことなかったのに。


そうこうしている内に肌くすみも

進行し乾燥がさらにひどくなってきて
ファンデーションでもごまかしきれなくなってきた。


こんなことになりかねませんので、ご用心を。


ですが、逆に今の内に肌くすみに

洗顔フォームやらやれお高い石鹸だの
お肌に優しいだのうたい文句に騙されずに

 

弱アルカリ性
石鹸のすごさを知ってしまえば


『安い石鹸で洗っているだけなのに
肌くすみが抜けてどんどん白くなってきた!』



昔よりも化粧水にお金を掛けてないのに
なんだかお肌の調子も良い感じ、と
化粧品にお金や
時間をかけていた頃より

 

明らかにお肌の調子が整ってきて
気にしていた肌くすみやシミが

薄らいでいることに気づくはずです。


気付いたときが勝負ですからね!
メーカーの思考に騙されずにいきましょう!

肌くすみ改善に弱アルカリ性の固形石鹸を使用
しっかり泡立てましょう!

【肌くすみ対策】アルカリ性の石鹸で洗う理由

さて、

メールの回答についてですが
弱酸性である肌

 

なぜわざわざ
肌が嫌うアルカリ性の石鹸で洗顔するのか?

一般的に肌くすみのない状態とは?

確かに一般的に
肌くすみがない状態というのは
弱酸性に傾いている状態の事。
この状態の肌が一番よいと言われています。


ですが、実は肌くすみをとるために

おすすめしている固形石鹸は
お肌とは真逆の弱アルカリ性なんです。

 

「え?それってなんか矛盾してない?」

 

いえいえ、
確かに矛盾っぽく聞こえますが

 

この弱アルカリ性の性質を
持っている昔からある固形石鹸が
一番、肌に優しいんです。

【肌くすみ対策】昔からある固形石鹸が肌に優しい理由

弱アルカリ性の固形石鹸
界面活性剤はほとんどの商品にある・・

 

肌くすみ対策に弱アルカリ性の
石鹸を勧める理由・・・

 

それは弱アルカリ性の石鹸は、
唯一肌に界面活性剤を残さない洗浄剤だから!

 

石鹸による洗浄は、
洗顔フォームとは違って

肌が育つ環境を作る上で
欠かすことのできない効用があります。


メイク汚れなどの

洗浄を浮かすためには
どうしても界面活性剤(洗剤のようなもの)
の働きがなければなりません。

 

台所洗剤を使わないと、
食器の油汚れも落ちませんよね?


そして界面活性剤の中では、
このアルカリ性の性質を持つ
石鹸のみが洗い終わった後に


肌に洗剤(界面活性剤)を残さない
性質を持っているんです。

弱アルカリ性の石鹸が肌くすみをとる理由とは?

湯水に触れてから、すすぎ洗いを
することで石鹸のアルカリ性は消え、
同時に界面活性剤ではなくなります。



そのおかげで肌くすみを解消し
ターンオーバーを正常化し
綺麗な肌を育ててくれるんです。

肌くすみ改善に「弱酸性がいい」は本当か?

弱酸性がいい!

と言っているのは、ハッキリ言って
企業戦略なんですけど(ここだけの話)

 

昔の石鹸は弱アルカリ性ですので、
汚れや古くなった角質、皮脂を

このとき取ってくれます。

 

健康な肌だったら、弱アルカリ性で
洗っても自分から弱酸性に戻る為、
関係ないんですよね。

 

お肌に不必要なものを
洗い流してくれるので、むしろ
いらないものが肌に残らない分
肌くすみもとれるしシミになりにくいわけです。

 

【肌くすみ対策】洗い上がりがしっとり=濯ぎきれていない?

界面活性剤入りの化粧品や殺虫剤など
お肌にいいものを使いましょう

一方

石鹸以外の洗顔フォームは
固形の石鹸とは違い
界面活性剤(洗浄剤)が

多く含まれている分長くその性質が消えません。

 

たびたび水質汚染が
問題になったりしてますが、
これは界面活性剤の消滅に

長~い時間がかかるからです。

 

このように

分解されない界面活性剤も
大部分はすすぐことによって
洗い流されますが、、、

 

残念なことに肌についた
界面活性剤はすすいでもとれません。

 

セラミド等の角質細胞間脂質に
ピッタリとくっついて働き続け、
角質の剥がれを少しずつ早める働きをするんです。

肌くすみに弱酸性がいいと言っているのは企業戦略?

肌にピッタリくっついた界面活性剤は
洗い上がりをしっとりとさせ、
つっぱり感を感じない働きをします。

 

だから洗い上がりも、
潤いが残っている感じがして
刺激に弱い肌にも優しく感じるんですよね。


でも!!!

肌くすみの対策として
弱酸性を毎日使用していると、、
角質の剥がれを促進するので
肌が育つことができず

肌荒れにより肌がくすんでしまった女性
根本改善と適切なアンチエイジングを!

 

その結果・・・肌くすみは加速する。

どんどんお肌が薄くなって、紫外線を
受けやすくなって顔のくすみや
肌くすみが加速してしまうんです・・・。

 

私に相談に来られるほとんどが、
クレンジングやピーリング・強い洗顔により、
肌くすみや肌荒れになってたりします。

 

ひどい方で、赤くなって、
ヒリヒリ、痒くて掻いてしまうなど
やりすぎると、本当の敏感肌から
アトピーと同じようなことになってしまいます。

肌くすみを解消したいはずなのに逆行為

きつい洗剤と同じような成分を進んで使っている事実

肌くすみとは肌に色むらができたり
顔色が悪くなる状態のことを言うのですが

肌くすみを少しでも何とかしたいと
いう気持ちはよくわかります。

 

この肌のくすみがあるだけで
疲れていないのに夕方になると
「疲れてない?」と言われてしまうし

 

ファンデのノリも悪くなって明るさや
透明感がなくなってしまいますもんね。

肌がくすみ化粧のノリが悪化した状態の女性
化粧ノリいいですか?


でも大事な角質や、お肌の保湿成分
その他もろもろなんでもかんでも
はぎ取ってしまえば

当然お肌はボロボロになります。


皮膚のバランスがちゃんとしていて
免疫力が正常であれば、

そうそう困ることなんて、
本当は起こらないんです。


本来であれば、お湯だけで
ほとんどの人間の垢や汗、皮脂なんて
取れてしまうんですから。

だから私は朝はお湯のみの洗顔をおすすめしています。


だったら夜もお湯のみで
良いんじゃと思われそうですが


そうは言っても、女性足るもの
メイクだってするし
日焼け止めも塗るし、
汗も皮脂もお湯だけなんて!


って、気になりますからね。
私も気になりますから分かります。

【肌くすみ改善】同じ洗浄するならお肌に優しいほうがいい!

だから、肌くすみに限らず
肌をきれいに保ちたいなら
洗顔フォームとは違う性質を持った
昔ながらの石鹸で十分なんです。

もち肌やくすみがない肌にする弱アルカリ性石鹸
おもちみたい(笑)

 

家族中で使えて肌くすみ対策!
もちろん赤ちゃんからお年寄りまで。


お風呂においておいたら
体も顔もこれだけで洗えて、
洗面所においておいたら手も顔も洗えます。


それを全て100円前後でまかなえるとは・・・。

美肌にもお財布にも優しいお肌の味方とは!!

で、そういう理由で私が薦めているのは
合成界面活性剤を
極力使わないケアなのですが

生徒さんにも純ちゃん石鹸
もしくは牛乳石鹸をおすすめしています。


値段は地域価格で変わってくる
と思うのですが
大体1個100円前後ですかね。


使い始めたきっかけとは
娘の肌荒れが酷くて皮膚科に行った時
皮膚科の先生に勧められたからなんですが


洗いあがりも白くなって
しっとりつるつるになると人気なんだそうです。


私もこれを使うまでは

肌くすみや肌荒れを何とかしたくて
お高い洗顔フォームやら
色々と使っていました。


「高い物ほど効く!」っていう
固定観念があったんでしょうね(笑)

 

ですが、娘ともども
合成界面活性剤を極力使わない
今のケアの方が調子が良いです。

【肌くすみ改善】今後チェックしたい成分とは?

その上で、たまに
「使ってはいけない成分を教えてほしい」
と言われるのですが、

洗顔フォームで危険なのは・・・

別の石鹸を試す場合に見直すべき成分

 

  • ココイルグリシンナトリウム
  • ラウロイルグルタミン酸ナトリウム
  • コカミドプロピルベタイン
  • ジステアリン酸グリコール
  • ラウリルグリコール酢酸ナトリウム
  • マルチトールヒドロキシアルキル(C12,14)


    この辺ですかね。

これは一部なのでまだまだありますが
分かりにくいでしょうから
石けんに限って覚えておくなら


「石ケン素地100%(カリ石鹸素地)」
と表示してあるものを選ぶようにしましょう。


エコのコーナーとかにある石鹸なら、
どこのメーカーでも構いません。

  • 「MIYOSHI(ミヨシ)」
  • 「玉の肌」
  • 「シャボン玉石けん


などなど、スーパーやドラッグストアによって、
置いているメーカーは違うと思います。

 

一月100円で顔にも体にも使える
昔ながらの固形石鹸!


ゼヒ一家に一台で

家族揃って肌くすみ解消
肌くすみゼロ美肌を手に入れてくださいね(*´∀`)♪

 

【関連記事】肌くすみ対策の補足記事↓

夜の正しい洗顔方法で目指すは赤ちゃん肌!

むくみ解消は食べ物で中からデトックス!むくみは体のSOS

【pick up】人気トライアルセット

ディセンシア つつむディセンシア アヤナスドクターリセラ
ディセンシア つつむ
1,470円(税込)
ディセンシア アヤナス
1,480円(税込)
フォーマルクライン フラバンジェノール 1980円(税込)ドクターリセラ スーパーホワイトエクストラ 3780円(税込)
敏感肌専門ブランドディセンシアのベーシックケアラインを14日間分敏感肌専門ブランドディセンシア アヤナスをラインで試せる10日間独自の美容ポリフェノール 『高濃度フラバンジェノール(R)』17,800円のセットが7日分全国2000店舗以上のエステで採用!その道のプロも感動した新発想のドクターズコスメが10日分
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016