アラフォーのコンシーラーとは?メイクの必需品

メイク道具(ブラシ、パフ、口紅)の画像
アナタの美しさを彩るメイクだけれども…

 

こんにちは、fumiです。

 

今日はアラフォー、またそれ以上の
年代に役立つコンシーラーとは
というテーマでお話ししていきます。

 

ボリュームたっぷり書いたので
あなたの気になる点もあると思います。
ぜひ参考になれば嬉しいです。

突然ですがあなたは
今の自分のメイクに満足していますか?

  • 肌やフェイスラインは変わったけれど
    10年前と同じメイクをしている

 

  • メイクを見直したいと思いつつも
    冒険ができずにいつものメイクになる

 

こんな人も多いのではないでしょうか。

 

もしくは

肌のくすみやシミ、しわやたるみ…
年々、気になるところが増えて
つい隠そうとして
こってりメイクになっていたり。

 

でも、厚ぼったい間違ったメイクは
老けてみえるばかり…。

 

そこで今の自分に似合う
大人の可愛らしさを引き出すコツ
今回はお話ししていこうと思います!

大人の女性に似合う本当のメイクとは?

メイク用品たち
アラフォーからのメイクの鍵を握るのは…?

 

それは
ひと手間に大きな差が出る
大人のナチュラルメイク
なんです!

 

シミが気になるからと
ファンデーションを重ねたり
若く見られたいとパステルカラーの
アイメイクをするのは実はNG

 

「若々しくみせる」ことと、
「若いメイク」をマネすることは
全然違います。

 

我々アラフォー、アラフィフが
いくら若い人のメイクをマネしても…
悲しいかな、なかなか若々しく
見せることは難しいんです。

 

それどころか痛いメイクと
言われてしまう可能性だって
あるかもしれません。

 

年齢を重ねた大人の女性は
まず肌作りが大事なんです。

 

その為に必要なのが・・・
そう!頭でもお話しした
コンシーラーなんです。

コンシーラーの有り無しを比べた絵
コンシーラーでここまで変わる!

コンシーラーはどうやって選ぶの?

とはいえ

「コンシーラーを使ってるけど
全くシミやクマが隠れない」

そんな経験はありませんか?

 

コンシーラーとは、
気になる肌の色ムラなどを
メイクによってカバーしてくれる
優秀なアイテムですが

 

種類が多くて、
自分に合った選び方が
分からなくなっていませんか?

 

「買ったのは良いけど
逆につけた所が目立つから
使ってない・・・」

 

もしそうなっているのであれば
スゴくもったいないですよ!

 

コンシーラーとは自分の肌に
合ったものを使用すれば
肌浮きせずに肌悩みを綺麗に隠して
美肌に見せてくれる頼もしいアイテムです。

 

付ける形状や色によっても
カバーできる部分が変わってくるので

 

ここから先は自分に合った
コンシーラーの選び方について
ご紹介していきます。

40代からのコンシーラーとは?【役割】

コンシーラーを塗る女性
コンシーラーは肌の粗を隠してくれる優秀コスメ!

 

そもそもコンシーラーとは
ファンデーションでは隠しきれない
肌悩みに使用することで

 

部分カバーをして肌の色を
均一に整えてみせる
メイクアイテムです。

コンシーラーとは部分用ファンデーション?

コンシーラーは
別名「部分用ファンデーション」とも
呼ばれています。

 

名前の通り、
ファンデーションでは隠しきれない
シミ・ソバカス・クマ・ニキビなどの
気になる部分に塗ることで

 

きれいな肌を演出し
顔を立体的に見せてくれる
アイテムなんです。

 

「でも、別にちゃんと
ファンデーションは塗ってるし・・・」

 

ちょっと待って!

 

ファンデーションって
実は顔料はあまり入ってなくて
水分が多いんです。

 

だからついつい隠そうとして
つけ過ぎるとお粉がいっぱい
ついて厚ぼったくなります。

ファンデーションを塗る女性
ナチュラルメイクにしたいけど・・・

隠そうとして…ついつい厚塗りになっていませんか?

肌のくすみやシミ、しわやたるみ・・・
年々、気になるところが増えて
こってりメイクになっていませんか?

 

だからこそ肌作りの正解は
コントロールカラーやコンシーラーで
シミやくすみをカバーしてから

 

「ファンデーションを極力薄く塗る」
ことなんです。

 

女優やモデルの世界では
常識なのですがファンデは
塗らない舞台があっても
コンシーラーを塗らないことはありません。

 

それだけコンシーラーとは
印象を変えることができる
魔法のメイクグッズなんです。

40代からのコンシーラーとは?【役割まとめ】

シミが消えた女性
コンシーラーならここまで隠せちゃう!

40代からのコンシーラーとは?役割①…肌悩みのカバー

コンシーラーは、
目の下のクマやニキビ跡の赤みなど
肌の悩みを綺麗にカバーして

 

肌色を均一に見せることで
綺麗な肌を演出してくれます。

40代からのコンシーラーとは?役割②…ベースメイクの調整(口角を整えるなど)

コンシーラーには
ベースメイクの調整を行う
という役割もあります。

 

例えば唇の輪郭のラインを整えたり
小鼻の影や赤みを整えることによって
全体の完成度が変わってくるんです。

 

リップメイクにコンシーラーを使用した写真
リップの発色だって濁らない!

40代からのコンシーラーとは?【選び方】

コンシーラーを選ぶ上で大切なのは
自分の肌悩みに合った
「種類と色」を選ぶことです。

 

wikipedia曰く
「肌とほぼ同じか、肌より少し明るい色の
コンシーラーを使用するべきといわれている
と書いてありましたが、

 

どこもここも明るい色で
カバーなんかした日には・・・
隠れるもんも隠れませんよ?

 

ここを間違えると
逆に目立ってしまうので
注意してくださいね!

 

まずコンシーラーには
いくつか種類があります。

 

固形状・液状などによっても
仕上がりやカバー感が
変わってくるので

 

目的や肌悩みに
適したものを選びましょう。

40代からのコンシーラーとは?【種類別解説】

◇ペンシルタイプコンシーラーとは?

ペンシルコンシーラー
ニキビやシミなどピンポイントカバーに使える!

ペンシルタイプコンシーラーとは
スティックタイプよりも
さらに硬くて細い、
油分少なめのコンシーラーです。

 

小さいしみ・唇の輪郭補正などの
ピンポイントカバー
とても使いやすいです。

スティックタイプコンシーラーとは?

スティックコンシーラー
しっかりカバーしたい時におすすめ!

 

スティックタイプコンシーラーとは
口紅のように
スティック状になっています。

 

クリームタイプよりも
固い質感でピタッと肌に密着するので
多少の厚みが出てしまいますが、
しみやニキビなど

 

しっかりとカバーしたい時
おすすめです。

クリームタイプコンシーラーとは?

クリームコンシーラー
広範囲を隠したいならクリームコンシーラー!

 

クリームタイプコンシーラーとは
クリーム状の柔らかい形状の
コンシーラーです。
油分が多めでつやつやしています。

 

質感が柔らかいので、
目の下のクマや大きなシミなど
広い面積をカバーするのに適しています。

 

色味が明るいものに関しては
ハイライトとして
顔の彫りを高くすることも可能ですよ。

 

この辺の使い方に関しては
また後ほど、説明していきますね。

リキッドタイプコンシーラーとは?

リキッドコンシーラー
質感が柔らかいので目元や広い範囲のカバーにおすすめ!

 

リキッドタイプコンシーラーとは?
筆ペンのようになっているものや
リップグロスのように先端が
チップ状になっているタイプなど

 

質感はファンデーションに似ていて
同じような感覚で使えて、
肌へのなじみも良いものが多いです。

40代からのコンシーラーとは?【色選び編】

次に色選びについてなのですが
コンシーラーは、それぞれの
肌悩み部分に応じて
カバーしやすい色が異なるんです。

反対色の絵
肌の悩みは反対色でカバーするのがセオリー

 

青くまで悩んでいたら黄色。
赤いニキビで悩んでいたら緑色など

 

基本的に色味のカバーをしたいときは
肌悩みの色の反対色を選ぶ
うまくカバーできます。

40代からのコンシーラーとは?肌の悩み別】一例紹介

【茶クマ】

(一般的に色素沈着などによって
茶色っぽく見えるクマ)には

 

イエロー系かベージュ系
テクスチャーが緩めの
コンシーラーを使用すると

 

ダークトーンを打ち消して
綺麗にカバーできます。

青クマ

(一般的に冷えや寝不足
などによって出てくるクマ)
に関しては、

 

オレンジ系やイエロー系
テクスチャーが緩めの
コンシーラーを使用すると
肌に綺麗になじみます。

 

黒クマに関しては
コンシーラーだけでのカバーが
難しいので、とっておきの秘策を
次回ご紹介しますね!

追記
黒クマ隠しにコンシーラーはもう古い!画期的な新くまメイク法

【しみ・そばかす】

しみ・そばかすをカバーする場合
「自分の肌より少しだけ暗めの色」
を選びましょう。

 

明るいと逆に浮いてしまい
黒や茶色をカバーできないので

 

日頃使用しているファンデーション
との兼ね合いも見つつ少し暗めの
を選ぶことをおすすめします。

【ニキビ・ニキビ跡の赤み】

ニキビ・ニキビ跡の赤みに対しては
グリーン(緑色)のコントロールカラー
おすすめしますが

 

そこまで赤みが強くなければ
イエロー系やベージュ系の
コンシーラーでも十分カバーできます。

 

その場合は
「自分の肌と同じか、やや明るめの色」
を選びましょう。

【小鼻の赤み】

小鼻の赤みの場合
そこまで強くなければ
イエロー系やベージュ系
コンシーラーがおすすめです。

 

ファンデーションだけで
カバーしようとすると
小鼻は皮脂が出やすい部分のため
日中はヨレやすくなってしまいます。

 

だからこそ、コンシーラーをつけて
カバーしてあげてくださいね。

コンシーラー色々
肌悩みでコンシーラーを使い分けよう!

 

色々とご紹介していきましたが
肌色に合っていないものを
使用してしまうと
塗っても上手く肌悩みが隠れず

 

さらに塗ってしまうことで
コンシーラーの厚みが増して
目立ってしまうという
負のスパイラルに陥ってしまいます。

40代からのコンシーラーとは?選び方のポイント

なので初めての方は
まず自分の肌悩みを確認して
ファンデーションとも
相性の良いものを選びましょう。

 

悩んだ際は肌になじみやすく
厚塗りになりにくい
リキッドタイプかクリームの
コンシーラーにすると

 

自分でメイクする際も
自然に仕上がりやすいので
おすすめですよ。

 

コンシーラーは一度購入してしまうと
部分的にしか使用しないため
かなり持ちが良いのですが

 

逆を返せば、コンシーラー選びに
失敗してしまうと
そのままお蔵入りになってしまう
なんて事にもなり兼ねませんからね。

 

初めてコンシーラーを
購入される方はテスターなどで
慎重に選ぶことをおすすめします。

40代からのコンシーラーとは?【使う順番】

基本的なベースメイクの順番は
リキッドファンデーション
パウダリーファンデーションなど

 

お手持ちのファンデーションによって
コンシーラーを塗る
ベストなタイミングが違うんです!

 

順番を間違えてしまうと
コンシーラーで上手にカバーを
することができなくなってしまうので
正しいタイミングで使用しましょう。

ベースメイクの順番
ポイントはパウダーを一番最後にすること

引用 https://tokila.jp/how-to-apply-base-makeup

コンシーラーを塗るベストなタイミング

リキッドファンーション
(クリームファンデーション)の場合

  1. いつものスキンケア
  2. 下地
  3. →リキッドファンデ
  4. →コンシーラー
  5. →パウダー

パウダリーファンデーションの場合

  1. いつものスキンケア
  2. →下地
  3. →コンシーラー
  4. →パウダリーファンデーション

 

ポイントは、
「パウダーを最後に塗る」
ということ! 

 

パウダーの上に
コンシーラーを塗ると
ヨレてしまうので要注意ですよ。

 

ただし、

その場で隠せたからって
根本の改善をちゃんとしないと
どんどん年齢肌の悩みが悪化してしまうので

 

もし、アンチエイジングについて
細かいテクニックや
もっと実践的な内容を知りたいのであれば
こちらを読んでみてください。

 

かなり実践的な内容ですが、
あなたのアンチエイジングに
少しでも役に立つと思います。

 

40代からのコンシーラーとは?【部分別の使い方】

次に部分別コンシーラーの
使い方をご紹介します。

 

「クマやくすみを消してくれる
便利なものっていうのは分かったけど

正しい使い方がイマイチわからない・・・」

 

そんなアナタの為に
よくある“コンシーラあるある”
として、色んな疑問にお答えします!

 

目からウロコの
コンシーラーの使い方もあるので
要チェックですよ!!

部分別コンシーラーの使い方

【目元のクマ】

目元のクマにコンシーラーを付ける女性
目元には柔らかいテクスチャーのコンシーラーを

 

目元は顔の中でも
一番皮膚が薄い部分のため
硬い質感(固形状)のコンシーラーは
おすすめしません。

 

絶対に、伸びが良い
リキッドかクリームタイプの
コンシーラーを使用しましょう。

 

ちなみにオフィスで働く女性なら特に
空調のせいで夕方には
目の周りが乾燥してしまい
ぱさぱさでシワっぽくなる・・・

といったお悩みがあると思います。

 

そういう兆候に思い当たったアナタは
目の周りにコンシーラを塗ったら
その上に「ファンデーションを
重ねるのはやめましょう。」

 

厚塗りをすればする程
夕方に崩れやすくなってしまいます。

 

その点、柔らかいコンシーラーは
目の周りのクマなどを
消すのにぴったり。

使い方〔目元のクマ編〕
ステップ1
  • クマが一番濃い(暗く見えるところ)
    部分にコンシーラーをのせる。
目元にコンシーラーを付けた写真
一番濃く見える部分に乗せるのがポイント

コンシーラーの色は、
茶クマの場合は
肌色より明るめのコンシーラーで

 

青クマの場合はオークル系の
ややオレンジのコンシーラーで
カバーすること。

 

青グマに明るめコンシーラーを
のせるとグレーっぽくなるので注意。

ステップ2
  • コンシーラーを指でのばす。
    クマ全体をまんべんなく
    カバーするようにのばしていく。

 

こうするとコンシーラーが
分厚くならずヨレにくくなります。

 

まぶたがくすんでいる場合は
コンシーラーを指に取って
トントンとのせる。
ヨレやすいので、ごく薄めに。

 

こうすることで、
目の下、まぶたが明るくなり
目元がクリアになります。

【シミ・そばかす・ニキビ・ニキビ跡】

シミをコンシーラーで隠した写真
気になるシミだってこの通り!

 

濃いシミ・そばかす・
ニキビ・ニキビ跡に関しては

 

ペンシルやスティックなど
硬い質感(固形状)の方が
しっかりとピンポイントで
カバーができます。

 

シミ・そばかすをカバーする場合は
「自分の肌より少しだけ暗めの色」
を選びましょう。

 

ニキビに関しては
そこまで赤みが強くなければ
「自分の肌と同じか、やや明るめの色」
を選んでくださいね。

 

膨らみのあるニキビも
同じ方法でカバーすることが可能です。

使い方〔シミ・そばかす・ニキビ・ニキビ跡編〕
ステップ1
  • シミより2回りくらい大きめに
    ペンシルタイプの
    コンシーラーをのせる。

 

コンシーラーの色は
肌色と合わせると自然に馴染みます。

シミの部分にコンシーラーを塗る女性
少しだけはみ出すように塗るのがポイント
赤みの強いシミやニキビ跡の場合は
  • 肌色より明るめのコンシーラーで
    赤みを消し、その後肌色にあった
    コンシーラーでカバーすること!
ステップ2
  • コンシーラーをのせた部分の周り
    (輪郭部分)のみを
    指で軽く叩いてぼかす。
ステップ3
  • パウダリーファンデの場合は
    スポンジにファンデを取り
    コンシーラーでカバーした部分に
    ぽんぽんとのせる。

 

スポンジを滑らせると
コンシーラーが取れてしまうので、
滑らせないこと。

 

リキッドファンデの場合は
お粉をつけたパフで
コンシーラーでカバーした部分を
軽く押さえましょう。

【小鼻周りの赤み・くすみ】

小鼻の写真
小鼻の横は特にくすみが目立つ場所

 

小鼻周りは、皮脂が出やすく
ヨレやすい部分のため

 

リキッドやクリームなどの
緩めの質感のコンシーラー
おすすめです。

 

色は「肌と馴染む色」だと
出来上がりが自然に仕上がります。

使い【小鼻周りの赤み・くすみ編〕
ステップ1
  • ブラシにとったコンシーラーを
    手の甲に一度のせて量を調整する。
ステップ2
  • 色ムラのある小鼻のキワに
    コンシーラーを少量のせる。
小鼻にコンシーラーを塗る女性
よれやすい部分なので柔らかいコンシーラーを!
ステップ3
  • コンシーラーの周りの部分を
    馴染ませる。
ステップ4
  • 指でトントンと叩いてなじませて
    パウダリーファンデかお粉で
    軽く押さえる。

 

最後の工程を挟むことで
ベースメイクが崩れにくくなります。

 

小鼻の赤みとくすみが
カバーされていると
それだけでグッと美肌に見えますよ!

口元のくすみ

口元にコンシーラーを塗る女性
口元のくすみを疎かにしていませんか?

 

口元は唇の輪郭を整えるために
コンシーラーで補正するべき
場所なんですけど

 

意外とこの辺を
疎かにしている人が多い!

 

特に口角の横。
この部分はくすんでいたり、
色素沈着していたり・・・。

 

肌に色ムラがあるだけで
実年齢よりも老けて
見られやすくなるので

 

小鼻周りと同様に
肌色に近い色を使用しましょう。

 

唇はよく動く部分でもあるので
リキッドやクリームなどの
柔らかい質感のタイプの方が
馴染みが良いと思います。

使い方〔口元のくすみ編〕
ステップ1
  • ブラシにとったコンシーラーを
    手の甲に一度のせて量を調整する。
ステップ2
  • 口角の部分に上の方向に沿って
    コンシーラーを塗る。
口元にコンシーラーを塗る
くの字を描くように塗るのがコツ
ステップ3
  • 指やスポンジで軽く馴染ませる。

 

3の工程では、コンシーラーで
カタカナの「くの字」を描くようにして
指でそっとなじませてみてください。

 

こうすると色ムラが
キレイになるだけではなく

 

リップラインが整い
きゅっと引き締まった
口角に見える効果もありますよ!

 

次に塗る口紅も、
より美しく仕上がります。

【ほうれい線】

ほうれい線の写真
老けて見られる第1位もこの通り!

 

ほうれい線は、
光を飛ばすことによって
自然にカバーすることができます。

 

肌色より少し明るい
リキッドコンシーラーを使いましょう。

使い方〔ほうれい線編〕
ステップ1
  • 筆全体にコンシーラーの液が
    まんべんなくなじむように、
    手の甲で量を調節する。
ステップ2
  • ほうれい線の上に少量ずつ
    3~5箇所に分けてのせていく。

 

この時、ほうれい線と
交差するように短めの間隔のせましょう。

ほうれい線にコンシーラーを付ける女性
縦じゃなくて横に乗せるのがコツ!
ステップ3
  • 指の腹でポンポンと
    軽く叩き込むようになじませます。

 

ほうれい線をメイクで
目立ちにくくするには

 

  1. スキンケアで保湿をしっかり行うことと
  2. 薄く密着させたベースメイクをすること

 

が大切です!

 

ほうれい線をメイクで
上手にカバーして、
若々しい顔に仕上げましょう!!

あ!っと驚く、コンシーラーの使い方とは?

Tゾーンと顎に自分の肌よりも

 

  • 2トーンほど明るい
  • 固めのコンシーラーを

 

鼻筋と顎先に塗ってみましょう。

 

こうするとハイライトの効果で
鼻筋がシュッと高く顎先が
とがって見える効果があります。

ハイライトを塗った女性
ナチュラルに彫りが深くなる!

 

スティックタイプや、
パレットタイプのコンシーラーを
筆で塗ってから、
指で優しくなじませましょう。

 

その効果にきっと驚くはずです!

アラフォーからのメイクで最も大事な事とは?

やってみれば10分も
かからない事なのに・・・
記事にすると・・・難しそう!??

 

いえいえ一見、面倒に思いますが
このベース作りさえきちんとすれば

 

ファンデーションの量も
少なくてすむ上化粧くずれが
少ないので実はラクなんです!

 

きちんと補正したら
最後のフェイスパウダーが
薄くすむので厚塗りになりませんし

 

このテクニックさえ覚えれば
5年前の肌に戻れますよ!

コンシーラーを使う意味とは?

コンシーラーとは・・・

シミ、しわ、色むらなど増えゆく
30代からの肌の悩みを隠しつつ
ナチュラルに見せる方法・・・

 

それがコンシーラーの役目なんです。

 

自分の肌の悩みに合った
種類と色を選ぶ。

 

このひと手間、ふた手間が
あなたのベースメイクの
仕上がりやカバー力を
劇的に変えてくれます。

 

今こそ、ずっと続けてきた
思い込みメイクをやめて
ナチュラルに見せる実用的な
テクニックを身につけましょう! 

☆注目のおすすめアイテムはこちら☆

高評価アイテムまとめ

こちらは「成分解析で四つ星以上の評価が付いた高評価アイテム」をまとめています。

ロスミンリペアクリームはあの“唯一シワに効く医薬品”として有名なロスミンローヤルが出した薬用クリーム

「化粧品機能評価法ガイドライン」に基づき第3者機関で抗シワ試験を実施した乾燥による小ジワを目立たなくする効果を実証した医薬部外品として認められた薬用クリーム

「小じわ」+「シミ」「年齢肌のくすみ」が気になる人に!

潤い効果で小じわを目立たせない!『ロスミンリペアクリーム』


高濃度プラセンタ100 CORE
コラーゲンやヒアルロン酸よりも注目されているプラセンタエキスを40倍にも濃縮したサプリメント。

高濃度プラセンタ100 CORE

  • 肌の透明感が復活し、年齢より若く見られるようになった!
  • 肌のハリを感じ、鏡を見るのが楽しみになった!

との声も多数。

馬プラセンタよりも人間に近い豚プラセンタを使用していることからも体の中からの若返りが期待できます。

透明感を驚きの価格でサポート!『高濃度プラセンタトライアル』

記載の商品は成分解析済みのものなので、気になる商品があれば上記リンクから詳細を見れます。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016