春になると謎の肌荒れが!その意外な理由と対処法!

春は肌荒れニキビが最も出来やすい!

こんにちは、fumiです。

 

ニキビを始めとする肌荒れ
と言えば年がら年中できる
イメージがあるかと思いますが

 

実はって
ブツブツとした肌荒れニキビが
最もできやすくなる季節なんです!!

春 肌荒れ
お花見の季節に注意!

 

その理由は花粉症と関係していて
お肌が花粉を敵と認識して
体が過剰反応することによって
発症してしまうんですよね。

 

「花粉が原因で
ブツブツ(肌荒れ)するんなら
対策なんて出来ないんじゃないか」

と思われそうですが。

 

いえいえ
そんなことはないんです。

 

そこで今回は、

春の花粉の肌荒れ対策

ブツブツ春ニキビへの原因と対処法を
お話ししていこうと思います。

春の肌荒れ最大の要因は、バリア機能の低下!?

春にブツブツとした
謎の肌荒れが出来る理由なんですが
バリア機能の低下が主な原因とされています。

 

今時期は空気が乾燥している上に
紫外線が強くなってきますし

 

環境の変化によるストレスや
気温の寒暖差による自律神経の乱れ
肌のバリア機能(免疫力)が
低下しやすい状態になっちゃうんですよね。

春の肌荒れ(バリア機能の低下)
ストレスは関係大アリ!

 

春といえば、高校、大学への
進学や引っ越し。

 

社会人であれば、会社に働きはじめる
転職・転勤、引っ越しなど
新しい事が多い季節ですよね。

 

ベテラン社会人でも
新年度の準備でバタバタする
時期でもあります。

 

ここでどうしても、
生活環境が変わってしまうと、
これまで生活してきたリズムと
変わってしまうため、

 

環境変化によるストレス
感じる事が多くなるんです。

 

ストレスはブツブツとした
ニキビや肌荒れに繋がる。
と昔からよく言われていますが、

本当にその通り。

 

皮質力が高い健康な肌であれば
肌表面に水分があるため
それがバリアの役目をしてくれます。

 

このバリアの働きが
スギ花粉から私達の皮膚を
守ってくれる訳なんですが

 

肌のバリア機能が低下してしまうと、
まず肌が水分を保てなくなるので
肌が乾燥し、「花粉症乾燥肌」になります。

春の肌荒れ(花粉症乾燥肌の女性)
あまりにひどいと皮膚科にいきましょう!

 

肌が乾燥して花粉症乾燥肌になると
さらに肌のバリア機能が低下してしまい

 

乾燥だけではなく花粉などの
外的な刺激から肌を
守りきれなくなってしまうんですよね。

 

肌の毛穴は直径約200ミクロン
花粉は直径約30ミクロン
ほどと言われています。

 

だからバリア機能が低下すると
肌についてしまった
花粉の刺激を防げなくなるので、

 

肌荒れやぶつぶつ、かゆみなどの
炎症などを起こして
花粉症皮膚炎になる訳で・・・。

春の肌荒れの原因(スギ花粉)
目に見えなくとも花粉は飛んでいます。

 

「花粉症によって乾燥肌になり
乾燥肌によって花粉症による
肌荒れの症状がさらに悪化する」

という、悪循環。

 

実際に乾燥肌の人ほど、
花粉症になりやすい
というデータもあるようです。

 

それから、肌のバリア機能が
低下しているアトピー肌や敏感肌の人も

春のスギ花粉の弊害で肌荒れしやすい

状態になると言われています。

 

この春に出来る謎のブツブツや
肌荒れは他の肌トラブルとの
見分け方が困難なものでもあります。

 

だから、
自覚症状がないうちに悪化してしまう・・・

といったことが少なくないんですよね。

春の肌荒れやニキビへの対策4選!

春の肌荒れ対策①…肌を花粉から守る

春の肌荒れ対策としては
基本中の基本のことなのですが
ズバリ肌を花粉(もしくは黄砂)に
触れさせないこと。

 

帽子やスカーフ、メガネ、マスクを
うまく活用して
肌を花粉から守りましょう。

春の肌荒れ対策(マスク)
完全防備で怪しい人に(笑)

 

ちなみにマスクが蛇腹式だと
摩擦で肌荒れが悪化する可能性が
高くなってしまうので

 

対処法として、ガーゼを中に挟んだり
ガーゼマスクを使用することを
おすすめしておきます。

春の肌荒れ対策②…帰ってきたらすぐに洗顔!

ずっと外気に触れている顔は
目に見えない花粉が
たくさんついてしまっています。

 

花粉が長く顔に付いた状態だと
花粉が外部刺激となって
痒みや肌荒れがどんどん
増していくことも・・・。

 

ですから肌荒れ対策として
帰宅したらすぐに花粉ごと
メイクを落とすようにしましょう。

 

このとき顔をゴシゴシと
こすらないように!

 

すり込んでしまうと、
その摩擦でさえも

弱った肌荒れには大きな刺激になります。

 

洗顔についてはこちら

正しい洗顔の仕方で貴女の肌の今後が決まる!!

春の肌荒れ対策③…肌の保湿

とにかく保湿が大切です!
春はバリア機能が弱まって
花粉症乾燥肌になりやすいと
先程言いましたが

 

このときのお肌は
角質がめくれあがって、
ささくれのような状態になっています。

春はバリア機能が弱まって花粉症乾燥肌に
お肌がガサガサしていませんか?

 

この角質がめくれ上がった
状態のところから
皮膚の水分が蒸発したり

 

油分が失われて乾燥して
花粉が毛穴に入ってしまい
肌荒れに繋がりやすくなるんです。

 

しっかりと保湿してあげることで
角質の状態を整えられるので
お肌のバリア機能を上げることができ、

 

花粉やその他の刺激成分が
皮膚から侵入するのを
防ぐことができます。

 

この時も化粧水や美容液を
絶対にぐりぐりと
すり込まないように気を付けましょう。

春の肌荒れ対策④…ベースメイクはパウダリーを

あと、ベースメイクは
肌を花粉から守ってくれるので
した方が良いですが、

 

リキッドタイプではなく
パウダリーファンデ
使うようにしましょう。

春の肌荒れパウダリーファンデーション
できればパウダリーぐらいでいいですよ!

 

リキッドタイプの場合、
油分が多いので花粉が
肌についてしまい
取れなくなってしまう恐れがあるので。

春先の謎の肌荒れには攻めより守りのケアを!

スギ花粉真っ盛りな春。

花粉症の人にとっては
地獄のような季節ですが、
ちゃんと対策方法も存在しています。

 

自分にあった対策をして、
この春先の辛い肌荒れを乗りきりましょう!

春の肌荒れ(まとめ)

①春は肌荒れやニキビが最もできやすくなる季節。

春の肌荒れの原因花粉症と関係していて、肌が花粉を敵と認識して体が過剰反応することから起こる。

③季節の変わり目に肌のバリア機能が低下してしまうと肌が乾燥肌に傾き、花粉などの外的な刺激から肌を守りきれなくなってしまい肌荒れに繋がる。

④春の肌荒れ対策はとにかく守りのケアを

春の肌荒れ対策1…肌を花粉から守る
春の肌荒れ対策2…帰ってきたらすぐに洗顔!
春の肌荒れ対策3…肌の保湿
春の肌荒れ対策4…ベースメイクはパウダリーを

あなたは気付いていますか?

95%以上の人が知らずに逆効果のアンチエイジングをしている現実・・・

気持ちだけは20代の頃と変わってないのに
刻一刻と顔や体はおばちゃんになっていく・・・

『でも・・・もう一度、
自信があったあの頃の自分に戻れるとしたら?』 

喫煙・金欠・アラフォーの老け顔主婦ですら
1日たった10分15歳若返った秘密の若返り法・・・
あなたは知りたくないですか?

あなたが”今より綺麗に若返って
自分史上最高の自信を手に入れる!

 

お金を掛けずに簡単に出来る上に
速効性と効果のあるものだけ
詰め込んだ141ページ若返りテキストを
今だけ50名様限定無料公開しています。

 

 

詳細こちら↓↓

金欠・喫煙・アラフォーの老け顔主婦が1日たった10分で

ほうれい線を消し15歳若返った、シミ、しわ、たるみ改善法

 

 

今すぐ受け取りたい場合こちら↓↓

アンチエイジング プレゼント

光速アンチエイジング~もう一度昔のあなたに戻れる瞬間~ 

*メールアドレス入力後、送信ボタンを押してください


こちらは私の実体験を元にした
秘匿性の高い情報になります。
そのためいつまで公開するかわかりません。

 

自分に自信を取り戻して
大切な人のために綺麗になってくださいね!

あなたのアンチエイジングを応援しています

(*´∀`*) Fumiより SSL アンチエイジングの秘密

 

TOPに戻る⇒アンチエイジング大百科: アンチエイジングの極意を知っていますか?

↓応援のブックマーク宜しくお願いします<(_ _)>

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017