当サイト経由で申し込みが多いのはこちら♪

new!!≪ホンマでっかTVにも紹介された≫厚生労働省が認めた美白有効成分配合のシミ消しクリーム

≪貼るだけでリフトアップ!?≫耳に貼るだけで小顔になったと大好評のシールが今だけの特別価格!
●≪肌の表面だけでなく奥の筋肉まで作用≫肌につけた10分後にはリフトアップ効果が実感できる美容液
≪初回500円!≫コラーゲンやヒアルロン酸より注目されている○○エキスを40倍に濃縮した美容サプリ

若く見えるメイクで5年前の肌に見せよう!

若く見えるメイクと若作りは違う
いつまでも同じメイクをしてませんか?

 

「いつまでも若々しい印象を失わずに年を重ねたい!」

女性ならば誰もが望むことですよね。

 

しかし、

30代40代と、アラフォーに近づくと
少しずつ年齢を感じるようになる事も・・・

 

「今までと同じメイクなのに
なんだかしっくりこない」

「隠しきれない肌の悩みも
増えてきたし若く見られたいけど
若作りはしたくない・・・」

 

スキンケアや化粧品に力を入れるのも
大切なことですが、
若く見えるメイクで即効カバーしたい
と思う気持ちも分かります。

 

そこで今回は、
アラフォーメイク塾!!

 

ナチュラルに
若々しい印象を与えられる
若く見えるメイクのコツをご紹介します!

若く見えるメイク下地重視でファンデ減を!

若く見えるメイクアラフォー50代の塾
若く見せようとして厚塗りになってませんか?

 

さてさて

歳と共に増えていくシミ、しわ、
色むらなどの肌悩みを隠しつつ
ナチュラルに見せる
若く見えるメイク方法とは…。

 

ズバリ
「コントロールカラー」です。

 

コントロールカラーとは
色ムラが出来た肌の色を
均一に見せる化粧下地のこと。

 

ファンデーションって
実は顔料はあまり入ってなくて
水分が多いんです。

 

だからつけ過ぎると
後からのせるお粉が
いっぱいついて厚ぼったくなります。

 

それを避けるべく
コントロールカラーやコンシーラーで

 

シミやくすみをカバーしてから
ファンデーションを極力薄く塗ること

が若く見えるメイクにはとっても重要!

 

コンシーラーでの
若く見えるメイク法は
こちらの記事で書いたので

40代からのコンシーラーとは?超ベースメイク術

 

今回コントロールカラー
についてなのですが
まずは黄色くくすんだ肌を
コントロールカラーでトーンアップさせましょう。

 

コントロールカラーが無くても
ベースメイクは完成しますが

 

使うことによって
肌の悩みや理想を叶えてくれる
優れものなんです!

 

例えば、若く見えるメイクの一例として

  • ピンクのベースカラー:血色感を出す
  • のベースカラー:赤みを消す
コントロールカラーが若く見えるメイクのコツ
コントロールカラーが若く見えるメイクのキモ!

 

というように、
色ごとに役割が違うんですが

 

そんな中でも
おすすめしたいのが
のコントロールカラー!

若く見えるメイクはこのコントロールカラー?

若く見えるメイク。50代に必須なのは紫色
若く見えるメイクに必須な紫色!

肌の黄ばみは30代から増えるのが特徴

若い女性でも肌の黄ばみ
悩む人はいますが、
30代以降でその数が
ぐっと増えるのをご存知でしょうか。

 

その黄ばみはいわゆる
黄ぐすみと言われるもので、
主な原因は紫外線や角質ではありません。

 

通常のくすみは
肌のターンオーバーが衰えることで、
古い角質が肌に残り、
溜まることで起こったり、

 

紫外線で薄く色づいたメラニンが
増えて起こるものなんですが・・・

 

ですが肌の黄ばみは、
体の中が糖化してしまうことで
発生してしまうんです。

美白肌に見せるのが若く見えるメイクのコツ
黄ばみのない素肌が若く見えるメイクのコツ

 

詳しい根本の改善法は
こちらの記事に書きましたが

老化防止の為に今一番注目すべきキーワードとは?【永久保存版】

顔が黄色くくすんでしまう原因

食べ物から摂取した糖分が
エネルギーとして使われずに残り、
たんぱく質と結びつくことで起こります。

 

糖分を摂っているつもりは無くても
加齢とともに代謝が落ちてくると
これら変性たんぱく質がどんどん蓄積していき、

 

気付けば
「黄ぐすみ老化肌」のでき上がり・・・。

 

そして黄ぐすみの進んだ肌は
くすんで透明感に欠けるだけではなく、

 

肌全体が硬化して

柔軟性を失う特徴があるため、
通常のメイクでは隠しきれない
老けた印象を与えてしまいます。

 

普段より暗い色や
黄味の強いファンデーションを
すすめられたり、

 

ピンクのチークが
不自然になってきたら要注意!!
黄ぐすみが進行している証拠です。

 

入念なスキンケアを行い
紫外線防止を心がけ、
ファンデーションの色も明るくしてみた。。

 

なのに肌に透明感がない、
くすみが気になるという人は
「糖化」を疑ってみましょう。

 

「糖化」とは、血管や骨、
肌にダメージを与え、
体を老けこませる要因の一つで、
表面だけケアしても解決しない厄介モノです。

 

のコントロールカラーで若見えメイク

「じゃあどうしたらいいの!?」

 

そこで出てくるのが、
紫のコントロールカラーなんです!!

 

メイクで大事なのが
カラーチャートを理解すること
だと私は思っているんですけど

 

メイクをするときに、
このカラーチャートを覚えておくと便利です。

カラーチャートは若く見えるメイクに必需品
黄色の反対色でくすみを打ち消すべし!
ライマリーカラーと呼ばれる3原色

レッドブルーイエロー

プライマリーカラーの補色でセカンダリーカラー

グリーンオレンジバイオレット

 

若く見えるメイク~補色について

補色とはカラーチャートで見て
反対側の色のことなんですが

 

この補色の関係にある色を使うと、
お互いが主張して
打ち消す力がでてくるんです!

 

カラーチャートの補色を
使いこなせれば、メイクの腕が
格段に上がりますよ♡

 

で、紫という色には
血色を出してくれるピンクの色素と
赤みや気になるニキビ跡を消してくれる
緑の色素が入っています。

 

なのでこれを使うと補色の関係で
透明感や血色溢れる肌に
近づくことができるんです!

 

顔全体にのばしたら
必ず首にも少しのばして
境界線をぼやかし
顔が白浮きするのを防止しましょう!

 

「あら?今日は何かきれいねぇ。
あっ、メイクしているんだ!」

 

って言わせるのがナチュラルなのに
若く見えるメイクの目指すところ。

 

「ばっちりメイクしているからキレイなのね」

なんてもう言わせません!

 

それには、

先ずは充分なスキンケアで
肌をしっとりとさせてから
コントロールカラーで
お肌の色を均一にさせること。

 

そして、

ファンデーションを丁寧につけ、
きれいなベースを仕上げる。

 

プロの間ではべースメイクに
7割の時間を割き、
これがうまく仕上がればほぼ
メイクは成功したと同じと言っている位です。

 

私たちもプロに負けじと
ファンデーションの付け方を
丁寧にやっていいきたいですよね

 

若く見えるメイクのポイントとは?

若く見えるメイク50代の特徴
必要なのは厚塗りではなく透明感!

ファンデは重ねれば重ねるほど老けて見える?

艶感重視にも繋がりますが、
「若作り」にならない
若く見えるメイクのポイント
ファンデに頼らない事。

 

気になる欠点やくすみは
下地段階で全てクリアしてしまいましょう。

 

ファンデは少量!
顔の際までべったり塗らないこと。
かなしいかなファンデは
重ねれば重ねるほど老けて見えます。

 

努力の成果も空しく
若く見えるメイクどころか
「頑張ってるな」と見えるだけ。

 

なので、

ムラなく厚塗りにならず
薄つきにつける為にも
先ずはファンデーションの量の目安を
いつも決めておくのがよいです。

 

肌の状態が良ければ
あずき豆大かそれより
ちょっと多めで充分でしょうか。

 

また同じ所を
何回もつけてしまわないように
つける順序を決めること。

若見く見えるメイク(ファンデーションのポイント)

ファンデーションは

ムラなくつけるけど
均一につけるのではないということ。

 

薄くつけねばならない部分、
しっかりつける部分を分かっていると
厚塗りにならないですみます。

これこそ若く見える若見えメイクのポイントです!

 

と、いう訳で次回は
シワを隠せてこその若見えメイク!!

 

若く見えるメイクファンデーション

もっと詳しくお話ししていきますので
卵のようなツヤ肌を
手に入れたいのであればお見逃しなく!!

 

若く見えるメイク(まとめ)

若く見えるメイクのコツ歳と共に増えていくシミ、しわ、色むらなどの肌悩みを隠しつつナチュラルに見せる方法とは…。ズバリ「紫のコントロールカラー」
なぜ紫色のコントロールカラーが若く見えるメイクに繋がるのか紫という色には血色を出してくれるピンクの色素と赤みや気になるニキビ跡を消してくれる緑の色素が入っているので、これを使うと補色の関係で透明感や血色溢れる肌に近づくことができる!
黄ぐすみ=老化肌!?普段より暗い色や黄味の強いファンデーションをすすめられたり、ピンクのチークが不自然になってきたら要注意!!お肌が老化して黄ばんでいる可能性が・・・。
④その為、まずは充分なスキンケアで肌をしっとりとさせてから、コントロールカラーでお肌の色を均一にさせること。その上でファンデーションを薄く丁寧につけると、きれいなベースに仕上がる。

【pick up】人気トライアルセット

ディセンシア つつむディセンシア アヤナスドクターリセラ
ディセンシア つつむ
1,470円(税込)
ディセンシア アヤナス
1,480円(税込)
フォーマルクライン フラバンジェノール 1980円(税込)ドクターリセラ スーパーホワイトエクストラ 3780円(税込)
敏感肌専門ブランドディセンシアのベーシックケアラインを14日間分敏感肌専門ブランドディセンシア アヤナスをラインで試せる10日間独自の美容ポリフェノール 『高濃度フラバンジェノール(R)』17,800円のセットが7日分全国2000店舗以上のエステで採用!その道のプロも感動した新発想のドクターズコスメが10日分